パートナー向けガイド

📌
本記事ではsmartround Partnerになっていただいた方に向けて、パートナープログラムの概要から投資先にsmartroundをご紹介するまでの流れをご説明します。

パートナープログラムとは?

スタートアップを支援している投資家、事業会社、士業の方向けに用意しているプログラムです。パートナーとしての公表や支援先へのsmartroundの利用促進をしていただくことで、パートナー自身のサービス割引や、smartround上でつながったスタートアップのスタンダードプラン(基本料金)を期間の定めなく無料化できる特典をご用意しております。
※割引の対象となるサービスや割引率はアカウントタイプによって異なります。
 

スタートアップ向けサービスのご紹介

smartroundではスタートアップ向けに下記のようなサービスをご用意しております。
株主総会smartround:株主総会の招集通知の送付から委任状の集計までオンラインで効率化。
資本政策smartround:STEPに沿って入力するだけで簡単に資本政策のシミュレーション作成。
経営管理smartround:自社の財務情報やKPIを一元管理。株主にそのまま共有可能。
詳しくはこちらの資料ご覧ください。このようなサービスをパートナーの支援先は基本料金無料でご利用いただけます。
 

パートナーコードの有効化

審査基準を満たした方には1社あたり1つパートナーコードを送付します。これをsmartround上で入力することでサービスの割引や、支援先スタートアップに無料特典を付与することができるようになります。
smartroundにログイン後、「パートナーコードを入力」から有効化ください
notion image
 

会社情報の入力

パートナーコードが有効化されると、スタートアップ側からパートナーにつながり申請が送信できるようになります。会社情報から会社概要やロゴ画像の入力を行ってください。
notion image
notion image
 

スタートアップとのつながり

支援先スタートアップへの無料特典は、該当スタートアップとsmartround上でつながることで適用されます。
つながりは該当ユーザーのメールアドレス宛に申請を行うか、URLを共有することで作成できます。(スタートアップ側からパートナー宛につながり申請が届いた場合でも特典付与の対象に含まれます。)
つながりについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。
notion image
 

注意事項

1.担当者の追加手続きについて
パートナーであれば無料で社内のメンバーを追加することはできますが、追加される側のユーザーが既にアカウントを作成済みの場合、メンバーとして追加することはできません。作成済みのアカウントとは別のメールアドレス宛に招待するか、アカウントを削除ののち再度招待ください。
notion image
 
2.管理者が退職される場合
管理者権限を持つユーザーが社内に1名で、その方が退職された場合、社内の誰も管理者としてアクセスできなくなり、メンバーの追加などが行えなくなります。
管理者が退職される場合は、あらかじめ別の方に管理者権限を付与する、または2名以上に管理者の権限を設定しておくことを推奨します。
メンバーの権限設定についてはこちらの記事をご覧ください。