経営情報を入力する

📌
経営管理smartroundでは、自社の財務データやKPI等の経営指標を一括管理し、自社の経営会議や株主への共有に使うことができます。
目次
 
経営情報を入力する方法は、以下の3種類になります。
  1. smartround上に直接入力する
  1. 外部アプリ連携から入力する
  1. CSVファイルからインポートして入力する※
(※2022/8/31で廃止しました、他のExcelやスプレッドシートからのインポートは編集画面への一括ペーストでご対応ください、経営管理の入力内容のエクスポートは別途対応予定ですが暫定的には編集画面での一括コピーでご対応ください)

・smartround上に直接入力する

中央上部の「グラフ/テーブル」の「テーブル」ボタンを押すと、テーブル画面に遷移します。
画面右上の「編集」から「手動でデータを編集」を選択してください。
編集画面に遷移すると、「手動で入力する」、「表計算ソフトからコピー&ペーストして入力する」の2種類の方法で値を入力できます。
入力項目は、デフォルトで設定されている項目(KPI、従業員数、P/L・B/Sの基本項目)に加えて自由に設定することができます。
項目追加の方法についてはこちらの参考記事をご参照ください。 参考記事:経営情報の入力項目を追加する

・手動で入力する

編集する箇所を選択し、値を入力してください。預金残高やKPI・P/L(損益計算書)・B/S(貸借対照書)・従業員数など各項目を、予算と実績、それぞれ編集することができます。「編集を完了」を選択すると値が保存されます。

・表計算ソフトからコピー&ペーストして入力する

編集画面では、エクセルやスプレッドシートからコピー&ペーストして入力することが可能です。経営管理smartroundのテーブル内でも範囲を指定したコピー&ペーストを行うことができます。
GIF

・外部アプリ連携から入力する

会計ソフトfreeeとのAPI連携、Money Forwardクラウド会計のCSVファイルでの一括入力が可能です。※現在インポート可能な項目はP/L・B/S・現金残高のみとなっております。
画面右上の「編集」から「外部サービスからデータを取込む」を選択すると、外部サービスとの連携画面へ遷移します。

・CSVファイルからインポートして入力する

💡
(2022/8/31で廃止しました、他のExcelやスプレッドシートからのインポートは編集画面への一括ペーストでご対応ください、経営管理の入力内容のエクスポートは別途対応予定ですが暫定的には編集画面での一括コピーでご対応ください)
右上の「smartroundのCSVを出入力」をクリックしてください
赤枠内に入力したい内容・期間を入力し、「上記の内容でエクスポート」をクリックしてください。
※エクセルでCSVファイルを開き編集したい方はShift_JISを選択することを推奨します。
エクスポートしたCSVファイル上で経営管理情報を入力します。
情報入力が完了したら、もう一度「smartroundのCSVを出入力」をクリックし、赤枠内で作成したファイルを選択します。
「一括入力」をクリックするとCSVファイル上に入力したデータが経営管理smartround上に反映されます。
※一度入力したデータも経営管理smartround上で編集・削除することが可能です。

関連記事