データ閲覧権限を付与すると、投資家側(付与先)はどのように閲覧できますか?

目次

・スタートアップ側のデータ閲覧権限設定画面

付与したデータ閲覧権限内で指定されたデータのみ投資家側から閲覧できます。
画像赤枠にある6つの機能について、閲覧権限を付与した際の投資家側の画面を以下に掲載します。
(スタートアップ側:「データ閲覧権限一覧」画面)

・投資家側画面

・会社情報

(投資家側:会社情報画面)
スタートアップ画面と同様の画面が表示されます。
ただし、スタートアップ画面にある「編集」ボタンが表示されなくなります。
 

・証券データ

(投資家側:証券データ「保有者」画面)
証券データは「保有者・証券・イベント」共にスタートアップ側と同様の画面が表示されます。
ただし、スタートアップ画面にある「編集」ボタンは表示されなくなります。
 

・株主総会smartround

(投資家側:株主総会画面)
スタートアップ画面と異なり、議事録だけでなく、招集通知 / 提案書」や「委任状 / 同意書」を確認でき、株主総会smartroundから「委任状 / 同意書」に回答することができます。
(「招集通知 / 提案書」は株主の登録メールアドレスにも送付され、そのままメールから「委任状 / 同意書」への回答が可能となっております。)
 

・資本政策smartround

(投資家側:資本政策画面)
スタートアップ側の資本政策画面にて「共有対象」に設定した資本政策について、スタートアップ側と同様の画面が共有先の方に表示されます。
ただし、スタートアップ側画面と異なり編集ボタン(「証券データにイベントを追加」または「資本政策にイベントを追加」ボタン)が表示されなくなります。
 

・経営管理smartround

(投資家側:経営情報「グラフ」画面)
(投資家側:経営情報「テーブル」画面)
スタートアップ画面と同様の画面が表示されます。
ただし、スタートアップ画面にある「編集」ボタンが表示されなくなります。
 

・ライブラリ

(投資家側:ライブラリ画面)
「データ閲覧権限設定」画面にて、チェックを入れたフォルダのみ投資家側に共有され、スタートアップ側と同様な画面が表示されます。
そして投資家側には画面右上に「自社書類として取込む」機能が用意されており、こちらの画面においてスタートアップがライブラリに格納したファイルを投資家側のアカウントに保存することが可能となっています。
(投資家側:「自社書類として取込む」画面)
 
関連記事