投資先情報を自社入力する

📌
投資先を追加後、投資先の情報を自社(投資家)が入力する方法についてご説明します。 自社入力の場合、投資先がsmartroundに登録する必要はなく、投資家自身が保持する独立したデータになります。

自社入力データ

投資先詳細画面にて、ラジオボタンが「自社で入力したデータ」になっていることを確認してください。※自社入力データはスタートアップに共有されることはありません。
現在自社入力で利用可能な項目は「証券データ」「会社情報」「ライブラリ」の3つとなっております。
notion image

証券データ

投資先の株主情報、保有証券情報を整理したものです。
notion image
データを入力する場合は「保有者を追加」をクリックします。
notion image
保有者の基本情報を入力します。
notion image
証券の取得喪失履歴を入力します。 ここでは証券の変動があったイベントと対象の証券を指定しその増減を記録します。
例えば、シリーズAでA種優先株式(単価:10万円)を用いて3000万円調達した場合、下記のように入力します。イベントや証券は都度作成いただく必要があります。
notion image
notion image
このように証券の取得・喪失履歴を入力することで株式ごとの保有者、イベントごとの発行株式、保有者ごとの保有株式などの証券データを多角的に見ることができます。
notion image
 

会社情報

事業概要、設立日、メンバー情報などの会社の基本情報を整理したものです。
ニュース欄には入力した会社名がキーワードに含まれるニュースが自動でピップアップされます。
notion image
 

ライブラリ

契約書や事業計画書をはじめとする各種ファイルを保管しておく場所です。
デフォルトでいくつか項目をご用意していますが「新規フォルダ」から自由に作成いただけます。
データの格納方法は「ローカルからのアップロード」「URLを指定」の2つです。URL指定では、既に別のクラウドストレージにあるデータを整理することにもお使いいただけます。
notion image
 

ノート

投資先ごとにノート機能があり、メモを残すことができます。
自社メンバー共有用ノートは権限を付与することで、自社メンバーも閲覧することが可能です。
notion image