3️⃣

株主とデータ共有する

📌
「投資関係確認」が完了したら、データ共有設定を行いましょう。
smartroundを使っていただきありがとうございます!🙇‍♂️🙇‍♀️
↓↓↓「投資関係確認」が完了されていない方は前のステップからご覧ください!↓↓↓

株主と投資関係確認をする

今回は投資関係確認を完了した株主とデータ共有をする方法について説明します。
 
まずは、ホームから右上のトグルリストを展開していただき、「データ共有設定」をクリックしましょう!
 
 
既に投資関係確認を完了した株主が画面に表示されます。
📢
投資関係はないが、データ共有先に追加されたい場合は、「つながり」を作成することでデータの閲覧権限を付与することができます。           ↓↓↓「つながり」の作成方法はこちら↓↓↓                つながりを作成する
 
 
「権限グループ」からプルダウンをクリックし「新規作成」から新しく権限グループを設定します。
🔰
権限グループとは、smartround上の情報の閲覧権限をグルーピングしたものです。 例えば、『この投資家は「潜在投資家」を選択して、まだ投資関係がないから「株主総会」の閲覧権限は与えない。』など、権限グループを設定することで閲覧権限を投資家のステータスごとに管理できます。
 
「権限グループ」の名称と、閲覧権限を付与する項目にチェックを入れていただきます。
入力が完了したら「保存」をクリックします。
 
🔰
smartroundでは用意している全てのツールで共有設定ができるようになっています。 ・株主総会smartround  招集通知の作成送付、委任状の回収を全てオンラインで行えるツール ・資本政策smartround  資本政策のシュミレーションが行えるツール ・経営管理smartround  キャッシュの状況、KPIなどの経営情報のダッシュボードのようなツール
 
以上で「データ共有設定」が完了します。
 

投資関係確認を完了し、効率的にデータ共有・管理を行っていきましょう!

👌
不明点、質問等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。 当社カスタマーサクセスチームがひとりひとり対応させていただきます。 ↓↓↓お問い合わせはこちら↓↓↓